【ラブホバイト】辞めたくなるデメリットとは?

【ラブホバイト】辞めたくなるデメリットとは? ラブホのお仕事

スポンサーリンク

( ‘A`)ども、チェックアウト後の客室は、飲みかけのペットボトルであふれているので、「あと少しなんだから全部飲めばいいじゃん!」と毎回のように思っているポコマンちゃんです。

今回は、マジうぜぇ~と思うような場面であったり、「このアルバイトもうめようかな~」と、考えてしまうような、ラブホバイトのデメリットについて、自分の経験談を交えながらいくつか挙げていきたいと思います。

ラブホバイト経験者が感じるデメリット

【ラブホバイト】辞めたくなるデメリットとは?

( ‘A`)ラブホならではのデメリットもあれば、働く限りは付きまとうデメリットもあるかと思います。

単純にきつい

ラブホによって多少異なるとは思いますが、清掃を希望する男はだいたいお風呂を任されることになります。

狭いお風呂、広いお風呂、露天風呂とバリエーションもさまざまですが、浴槽にはじまり、目地のカビ取りであったり、排水溝などなど、掃除する箇所はそれなりにあります。

いくらでも手抜きはできますが、場合によっては長い時間しゃがんで掃除するため、ひざが悲鳴をあげたり、腰が痛くなったりと、かなりのハードワークになります

部屋数にもよりますが、忙しい日は20部屋ぐらいを清掃するため、終わる頃にはクタクタです。

ポコマンちゃん
自分もお風呂掃除は体が慣れるまで半年ぐらい、かかったな~。毎朝起きると足の裏が痛くて大変でした。
清掃ウサギ
階段ばっかり使ってると膝を痛めてしまいリタイヤする人もいますよね。

汚れ仕事

  • トイレ掃除
  • お風呂掃除
  • 使用済みスキン
  • 使用済みナプキン
  • シーツに赤い染み
  • シーツがビチョビチョ
  • 食いかけのフード、ドリンク
  • ゴミ処理

使用済みのスキンを結ばずに、ベッドの上にそのまま放置されてたなんてこともあります。

ゴム手袋を着用していてもダイレクトに触れたくないため、ティッシュを何枚も使ってつかみ取るなど、人によっては不快感以外の何物でもないと思います。

ポコマンちゃん
真っ赤に染まった電動マッサージ器具とか、ガチで引いたな。お風呂できれいに洗ったけど。
清掃ウサギ
使い方がマニアックすぎたんでしょうね。
ラブホで”大島てる”な案件が起きてしまった時の対応

ラブホで”大島てる”な案件が起きてしまった時の対応

臭い

においが苦手!って女性はそれなりに多いと思うのですが、チェックアウト直後の客室は異臭に満ち溢れているといっても過言ではありません。

  • タバコの臭い
  • ゴムの臭い
  • ドピュッとした臭い

だいたい、これらの臭いが入り混じったカオスな部屋が大半です。

すぐに慣れてしまうのですが、バイト初日だと驚くカモです。

ポコマンちゃん
独特の臭気だよね。
清掃ウサギ
清掃班が1日でいちばん口にするセリフは「臭い!」だと思います。

女性でもお風呂掃除をする

ポコマンちゃんが働いているホテルでは、お風呂は男の仕事と完全に割り切られていましたが、なかには関係なくお風呂掃除を任されるホテルもあるみたいです。

休憩で数時間だけ使われたお風呂の場合は、湯舟をシャワーでささっと流して、専用のタオルで水気を拭き取る程度の作業で終了となりますが、女性だとけっこうキツく感じる場面カモですね。

ポコマンちゃん
湯舟に張ったお湯を抜かずにそのまま放置されると、蒸れて壁面が水滴だらけになるから、悪意がなかったとしてもキレるよね。
清掃ウサギ
たまにいますよね、確信犯的なヤツが。

ラブホバイトのお風呂清掃、バスマジックリンは2大派閥に分類される

使用済みリネンを運ぶ

ラブホバイトで最強の重労働が、使い終わったリネンを指定の集積場までぶ場面です

ダストシューターがあるラブホはまだマシですが、

タオルやシーツでパンパンになった袋を転がしたり、引っ張ったりしながら、ホテル内にある地味なポイントまで持っていくのは、心底疲れますし確実に心がれます

ポコマンちゃん
自分も一番嫌いな仕事だな。特に水分を含んだタオルとかすんごい重たくなるから、マジで気を付けないと腰やっちゃう。
清掃ウサギ
まさに男の仕事ですね。

フロントのお局BBA

たまにいるんですよ。

入ったばかりの新人さんが1週間と経たずに辞めてしまうケースが。

これ、すべて口うるさい、お局BBAのせいなんです。

さらには、自分を司令塔と勘違いしているので、清掃班の仕事にも口出ししますし、何なら「ヒマだったら廊下をモップ掛けしてちょうだい!」と命令してくることもよくあります。

ポコマンちゃん
ウチにもいたな~。みんなから「アイツうるせー」って嫌われてた人。自分は平気だったから普通に会話とかしてたけど、「なんであの人としゃべってんの!?」と、同じ清掃班の女性陣から詰められたり、肩身の狭い思いをしたこともあったっけか。
清掃ウサギ
女性スタッフと仲良くするのが、ラブホバイトを長続きさせるためのコツですかね。
クセが強すぎる!ラブホバイト、恐怖の人物図鑑

クセが強すぎる!ラブホバイト、恐怖の人物図鑑

クレーマー&迷惑客

遭遇するのは専らフロントです。

延長料金が発生しているのに「そんなのいてない!」と、ゴネてなかなかお金を支払おうとしなかったり、フロントの中に侵入しようとしたりと、長く続けていると怖い目にあうこともあります。

また、攻撃的な要素は皆無ながら、無料のサービス品(お菓子など)を、根こそぎ全部持って行ってしまうなど、ココロの貧しい人もいるので、その都度、補充に追われたりします。

ポコマンちゃん
こんなこと言うとアレだけど、ラブホって客層悪いよね。
清掃ウサギ
女の人と一緒だと、イキる男性客とかいますしね。
ラブホのアルバイト、客から受けた嫌がらせの数々

ラブホのアルバイト、客から受けた嫌がらせの数々

仲良しさんが辞めちゃう

自分と同い年とか、年齢が近いとか、話していて楽しいなどなど、ラブホバイトを続けていると、気の合う仲良しさんが見つかることもあります。

雇い止めとか、一身上の都合とかで辞める人も多いので、

せっかく仲良くなったのに…と、一抹の寂しさを覚えてしまい、自分もめようかな~と考えちゃうことも

どちらかといえば、バイトあるあるですかね。

ポコマンちゃん
自分もいたな、そんな人。
清掃ウサギ
さっさと辞めればいい害悪な人は居座って、聖人ばかりが辞めてしまうのがラブホバイトの日常なのカモ。

孤独を感じた時

ラブホでは男女ともにリネンを折るという作業があります。

主に清掃班のお仕事ですが、客室をつくる際に必要なリネンのセットを、積み上げる必要があります。

シーツやバスタオル、足ふきマットといったものを決められた順番に積んで、1セットずつ作ります。

広い待機室でみんなでやる分には良いのですが、縦長の狭いリネン庫で、ひとりしく作っていると、陰鬱な気分に陥ることもあります

ポコマンちゃん
2日でクビになったラブホは各階にリネン庫があって、そこで不慣れな作業をしてた時は、とっても寂しかったな。ここは涙を流す場所なんじゃないかと思ったぐらいよ。
清掃ウサギ
今はみんなでリネンを折れるからコミュニケーションも取れますね。

シフトが変則的

この日は休みたい、子供がいるため土日は働けません、などなど、事前に伝えておけば、希望日はお休みにできます。

ただ、毎月作成されるシフトは作る人のクセが反映されやすいため、1日置きに仕事だったり、2勤2休だったり、忙しい土日祝日はすべて駆り出されるシフトだったりと、内容はバラエティに富んでいる場合が多々あります。

仕事の不規則さを嫌って辞めたくなることもあります。

ポコマンちゃん
自分も色んなシフトを経験したけど、最終的には月・水・金の週3勤務で土日の2連休で羽を伸ばすという働き方が、いちばんしっくり来たかな。
清掃ウサギ
家でゴロゴロして終わっちゃうことも多いですよね。

大島てるに載ってた

〇〇号室で××。

ラブホに限らず、ビジホや旅館でもイレギュラー的にではありますが、いくつか存在しますよね。

私は霊感とか皆無なので、なにもなかったですけど、シックスセンスが鋭い人にとっては、デメリットに働く客室もあると思います。

ポコマンちゃん
ウチにもあるよ、そんな客室が。
清掃ウサギ
ホテルには色んな怪談話がありますよね。
ラブホバイトの恐怖体験アンビリーバボ!

ラブホバイトの恐怖体験アンビリーバボ!

繁忙期は激務

ゴールデンウィークやクリスマス、年末など、チョーが付くほど多忙な繁忙期はラブホバイトにも存在しています。

バイト初日の人がそんな日に当たったとしたら、あまりの回転率のしさに、途中でバックレてもおかしくありません

ポコマンちゃん
面接パスして当日、来ないヤツって何なの?
清掃ウサギ
ほかに良い仕事が見つかったんじゃないですか?

エレベーターの使用禁止

すべてのラブホではありませんが、ごく一部のホテルにてスタッフのエレベーター使用がじられているところが存在しています。

移動は専ら階段となりますので、忙しい日なんて特に、昇ったり降りたりを繰り返すことになります。

ポコマンちゃん
むかし、面接だけ受けたホテルで、支配人のおっちゃんが、ウチはエレベーター禁止なんです的なことを、言ってたような記憶が、かすかにある。
清掃ウサギ
絶対やめたほうが良いですよ。そんなラブホ。

時給と仕事内容が割に合わない

ラブホバイトの時給は、だいたい1,000円前後です。

たしかにヒマな曜日や時間帯は存在するし、ホテルによってはお昼休みの休憩中も時給が発生するところもありますが、何だかんだでハードワークだったりするのが清掃班です。

自分を消耗品と、とらえた場合、仕事と時給を照らし合わせてみて、どうい、何をじるか?だと思います

ポコマンちゃん
人それぞれだと思うけど「楽なバイト」っていう口コミを信じてやってきた人は、聞いてたのと違う!ってなるカモ。
清掃ウサギ
楽で稼げる謎のバイトなんてないですからね。

まとめ

【ラブホバイト】辞めたくなるデメリットとは?

以上がラブホバイトのデメリットです。

ほかにも多々あるとは思いますが、汚れ仕事、人間関係、肉体労働、といった部分がイヤになり、辞めてしまうという人はそれなりにいるのではないでしょうか。

【ラブホバイト】経験者が語るメリットとは?

【ラブホバイト】経験者が語るメリットとは?

スポンサーリンク