【ラブホの入り方】お一人さまの場合

【ラブホの入り方】お一人さまの場合 ありそうな質問FAQ

スポンサーリンク

( ‘A`)はい!というわけで今日も絶賛ポコマン中のポコマンです。

今回のキーワードは「ラブホのり方 一人」です。

理想を言ってしまえば、カップルで入室するのがベターなんでしょうけど、中には男性もしくは女性おひとりでの利用というケースも少なくありません。

当時はまだラブホのポコマンさんではなかったのですが、3.11当日の都内では交通インフラが麻痺してしまい、移動手段を求めて自転車がバカ売れしたり、ラブホで一泊したというサラリーマンも多かったらしいです。

いつ何時、ラブホをひとりで利用するかも分からないため、普段はあまり外泊と縁がないという方のためにも、基本的な入り方を解説したいと思います。

ラブホは男性(女性)ひとりでも入れますか?

なかには単独での宿泊などをNGにしているラブホもありますが、大半は利用可能です。

最近はデリを利用する男性客も多くて、普通に一人でラブホにやってきますし、とりわけ珍しくもない光景です。

ホテル側も商売なので、お金さえ支払えば受け入れてくれますが、接客として

れ様は、あとからやってくる感じですか?」みたいなセリフを投げかける場合もあります。

適当に「はい」とでも回答しておけば、問題は起きないはずです。

ポコマンちゃん
来るって言ったのにお連れ様が来ないじゃないですか!ウソツキ!!と、後から詰められることはないので神経質になる必要はありません。
清掃ウサギ
利用客に関心なんてないんです。
ラブホフロントのいじわるBBAは客にも牙をむく!

ラブホフロントのいじわるBBAは客にも牙をむく!

ラブホってどこから入ればいいの?

【ラブホの入り方】お一人さまの場合

ホテルによって外観も違うし、入り口の場所が不明瞭な建物は非常に多いです。

ひとつ言えることはラブホの出入り口は複数ある、という点です。

構造的に駐車場からだって進入できますし、正解はひとつではありません。

わかりやすい正面玄関がある場合

【ラブホの入り方】お一人さまの場合

ホテルの正面に対して出入り口があるようなところは、単純明快でわかりやすいです。

ただ、人通りが多かったりすると、ひと目を気にしてしまい、躊躇することもしばしばでしょうか。

勇者は特攻による中央突破です。

ポコマンちゃん
THE入り口!みたいな感じ。
清掃ウサギ
入るときは良いですけど、帰る際がちょっと恥ずかしいカモ。

自動ドア

【ラブホの入り方】お一人さまの場合

扉にデザインが施されていたりと、外からは中の様子が見えないようになっています。

ラブホ慣れしていないと、デザインがカモフラ効果を発揮してしまい、自動ドアだと気が付かないという人もいるカモ。

タッチ式なので「押して下さい」のボタンを探しましょう。

目隠しがあるような出入り口

ささっと入ってしまえば、あとは壁が覆い隠してくれる、ラブホを象徴するような出入り口ですね。

皆さん、恥ずかしいのか、勢いをつけて飛び込んだり、足早に移動する人が多いような気もします。

狭い路地裏に活路アリ

【ラブホの入り方】お一人さまの場合
【ラブホの入り方】お一人さまの場合

ラブホによっては、ぐるーーっと1周することで、意外な抜け道を発見できます。

人通りも少ないし、ストレスフリーでの入室が可能となっております。

一人だと入るのがちょっと…という人は、いちど建物周辺を観察してみましょう。

東京・亀戸にあるラブホ「サミット」は裏口アリ

お散歩系の番組なんかで、ちょくちょく取り上げられる都会の下町「亀戸」には、数件のラブホがあるのですが、裏口が用意された入りやすいホテルもあります。

裏口有りますの看板。

亀戸餃子が名物らしくて、食べてみたくてわざわざ足を運んだのですが、街ぶらしていたらサミットというラブホに遭遇しました。

けっこう人通りがあって、車の往来も激しい路面に建つラブホなので、カップルでも入るのが恥ずかしいカモですね。

ポコマンちゃん
外観から察するに、もともとはマンションとかだったのでは?
清掃ウサギ
ラブホ跡にマンションが建設されるパターンはよく聞きますけど、逆なんですかね。
裏口を攻める!

でも、ぐるっとまわることで、ダンジョンの入り口のような裏口を発見!

場所も路地裏なので、出入りしやすいと思います。

ホテル・サミット

部屋選びはタッチパネルが主流

ラブホのフロントは大して広くもないため、大型テレビのようなモニター端末の存在に気がつくはずです。

パネルには、部屋の内装イメージと共に部屋番号と利用料金が記載されているため、予算と相談しながらお好みの部屋を選べばOKです。

客室選択後にフロントでお金を支払う場合と、退室時に客室内にある端末で利用料金を支払う自動精算と、2パターンあるのですが、ラブホによって異なります。

ラブホの入り方、一人だとありがちなこと

【ラブホの入り方】お一人さまの場合

一人で入室までこぎつけたまでは良かったけど、波乱万丈の試練が待ち受けています。

ホテルの監視カメラ、確実に見てるからハメを外すなよ!

ホテルの監視カメラ、確実に見てるから気をつけてね!

カップルに遭遇しちゃう

誰が悪いわけでもないのですが、イチャイチャしてるカップルとバッティングしてしまうケースもあります。

エンカウントする場所は専ら、フロントかエレベーター待ちの場面です。

内面には折れないのココロを、表情には無関心を、装備することを強くオススメします。

誰も起こしてくれない

宿泊利用でも、モーニングコールなんて気の利いたサービスは、無いものと心得ておきましょう。

スマホのアラームだけが頼れる相棒なので、爆睡による寝過ごしに注意です。

退室時間が迫ってるのに、一向にチェックアウトの気配がないと、「もしかして…」と、スタッフの間で不穏な空気が蔓延します。

え?これも!?ラブホ利用者に使いまわされている物TOP6

え?これも!?ラブホ利用者に使いまわされている物TOP6

時間の配分には気をつけよう

カラオケボックスのように、退室時間の5~10分前あたりに、チェックアウトが迫っている旨を伝える電話連絡は、一切ありません。

ちょっとでも時間がすぎると、延長料金が発生することも多々ありますので、ペース配分にはくれぐれも注意して下さい。

ラブホで3個目のスキンを追加オーダーする場合

ラブホで3個目のスキンを追加オーダーする場合

まとめ

  • ラブホはひとりでも入れる(事が多い)
  • ひと目を気にするなら路地裏の出入り口を探す
  • タッチパネルでお部屋を選ぶ
  • カップルと遭遇しても慌てない
  • 利用時間の延長に注意

スポンサーリンク