ラブホの客室清掃、楽しいと感じる瞬間3選

ラブホの客室清掃、楽しいと感じる瞬間3選

スポンサーリンク

ども、ラブホのポコマンです。

事後処理部隊であるラブホの客室清掃は、どのホテルでも肉体的にハードなお仕事として、あっちだコッチだと忙しく動き回ることも多いです。

お風呂の排水口のイヤ~なニオイとか、重たい使用済みリネン袋を扱う重労働、使用済みのアレの処理とか、フィジカルだけでなくメンタル的に参ってしまい、すぐに辞めてしまう人も少なくありません

とにかくキツさばかりが先行する職種ではありますが、なかにはしいと感じる場面や瞬間もあったりします

以下では、仕事中にテンション上がったシーンなどを、ピックアップしてみたいと思います。

関連記事
客室清掃を辞める理由
客室清掃効率良くできる順番

客室清掃は外国人との会話が楽しい

ラブホの客室清掃、楽しいと感じる瞬間

空気読み合って終わりの日本人同士とはまるで違うのが、外国人たちとのコミュニケーションです

彼(女)らは、とてもマイペースだし、日本人みたいに執拗な詮索や干渉もして来ないし、職場で構われないことは、快感に近いものがありました。

でも、仲良くなれば、良い部分にはGoodって言ってもらえるし、ダメならBadと指摘してくれるし、メリハリのあるスタンスは自分自身にとても合っていたと思います。

フィリピーナの場合

既婚者が多いです。

佐藤とか斉藤とか、名字だけは日本だけど、フィリピン人です。

国内もしくはフィリピンに子供がいて、毎月仕送りしている女の人も多い印象ですね。

仲良くなると距離感がグッと近くなるような印象があって、どこか情熱的なのがフィリピーナです。

明るくポジティブ、おしゃべりでよく笑うのも、彼女たちの特長ではないでしょうか。

むかし、待機所の床に座って会話している際、ポコマンの隣に来て、わざわざフトモモをくっつけて来た女の子がいたのですが、何だかとっても楽しかったです。

ラブホのポコマンさん
ラブホのポコマンさん

無料のフィリピンパブ状態!

みんな好意的ですよね。

フロントうさぎ
フロントうさぎ
ラブホ系Web漫画「ポジティブ思考すぎるフィリピーナたち」

スリランカのチャラ男の場合

ある日、「ポコマンサン、ミテクダサイ^^」と言われ、彼の手にしたiPhone X Maxに視線を落とすと、日本人と思われる女の子との自撮りが写し出されていました。

どうしたの?と訪ねると「コエヲカケマシタ!」と嬉しそうに、爽やかスマイルを浮かべては、釣果にご満悦です。

どこで知り合ったの?と聞くと、なんと電車のと答えるではありませんか!

日本人でもナンパテクの高い男はいくらでもいるだろうけど、さすがにトレインを、声かけのポイントにはしないだろ!ってな感じで、世の中にはいろいろなアプローチ方法があるもんだな~と感心してしまいました。

ラブホのポコマンさん
ラブホのポコマンさん

女の子も付いていくんですよ。

彼はキモい雰囲気とか全然ないし、モテるでしょうね。

フロントうさぎ
フロントうさぎ

中国人の女の子

日本人女性と比べて愛嬌が断トツです

彼女は同じ系列のラブホからやって来たのですが、研修というかたちで2~3週間くらい、一緒に仕事をしました。

同じ東アジアだからか、横文字文化の外国人たちと比べると、日本語の読み書きが達者で、スムーズな会話も可能でした。

ラブホのポコマンさん
ラブホのポコマンさん

人懐っこさは、お国柄なのかも。

フィリピンの女の子とは、一味違う距離感ですね。

フロントうさぎ
フロントうさぎ

客室清掃の現場や裏側を見れるから楽しい

ラブホの客室清掃、楽しいと感じる瞬間Best3

業界の裏側を知りたい!という志望動機で、ラブホの門を叩く人はそれなりにいます

きらびやかな世界とは真逆の、地味な3K(きつい、汚い、危険)仕事ではあるのですが、普段なかなか目撃できない現場の数々は、貴重な経験となります。

すべての客室を見れる

ラブホには2種類あります

どの部屋を選んでも色違いみたいな回転重視の安ホテル

部屋ごとに内装がガラッと変わるコンセプ重視のお高いホテル

に分類できます。

後者が職場だと、仕事でいろいろな客室を回るので、「ほぉ~この部屋はこんなんか~」とか、タダで見物することが出来ます。

※感動するのは初回だけで、あとは見向きもしなくなります。

ラブホのポコマンさん
ラブホのポコマンさん

オブジェクトとか、ガラステーブルの中にデザインが散りばめられていたりと、見どころは結構あるかな。

ちょっとした観光にもなりますかね。

フロントうさぎ
フロントうさぎ

忘れ物から利用者の状況を推理

の部屋を見てなにが楽しいんだと言われるかもしれませんが、

事後の様子は十人十色といった感じで、きれいに使う優等生もいれば、でっかい鳥でも暴れたのか!?ってなくらい、荒れている部屋もあり、人間模様を推察できるのが面白いです。

ガラステーブルに、ちょっと濡れたソーセージきゅうりが仲良く並んでいた事があり、いろいろと想像しちゃいますよね。

ラブホのポコマンさん
ラブホのポコマンさん

使ったら食べよう!

!?

フロントうさぎ
フロントうさぎ
ラブホに忘れ物、問い合わせたけど「ない」と言われた...

デリバリーで垣間見る人間模様はちょっとクセになる

ラブホの客室清掃、楽しいと感じる瞬間Best3

働き方改革として、ウーバーイーツが流行していますが、ラブホにも配達のお仕事があります。

ラブホは客室にある液晶テレビからでも、コスプレやゲーム機のレンタルなど、さまざまな商品を有料もしくは無料で注文することが可能で、依頼があれば持っていくのがラブホスタッフです。

1回の勤務の間でも、最低2~3回くらいは、指定の客室へとブツをお届けするくらい、オーダーの頻度も、高めです。

客室の出入り口でのやり取りなので、利用客の情報が入ってくることも少なくありません。

ラブホ従業員のお仕事、配達編

ヨボヨボのじいちゃん

世間から見れば、ボケジジイとでも言われるであろう、年齢でした。

毎回、おそばの出前を頼むのですが、ピンポン鳴らすと、ガウン姿に頼りない足取りで出てくるものだから、こっちもちょっと心配です。

玄関先の靴を見るに、若い女性が一緒なのは間違いないことでしょう。

ラブホのポコマンさん
ラブホのポコマンさん

出前持ってくから部屋番を覚えてるんだけど、清掃で入ると絶対にお風呂の栓を抜いてないから、ちょっと困るかな。

有料の彼女なのか、それとも…と下世話な詮索スタートです。

フロントうさぎ
フロントうさぎ

香りを気にする間柄とは?

ちょっとお高めのラブホとか、アメニティに力を入れてるホテルであれば、お風呂に常設されている可能性が高いのが、無香料のボディソープです。

場末のラブホだと、わざわざフロントに問い合わせないと、レンタルできないところもあって、いい香りを身にまとうわけにはいかないにとっては、いろいろと不都合です。

むかし、無香料のボトルを手に客室に向かったのですが、応対してくれたのはそれなりに若い女性で、コチラには一瞥もくれませんでした。

ラブホのポコマンさん
ラブホのポコマンさん

無香料ボディソープの注文が来た瞬間、待機所はざわつきます。

当たらずも遠からずってところですかね。

フロントうさぎ
フロントうさぎ

サイズが合わないのでは?

ある日、セーラー服を手に指定の部屋に向かいました。

制服コスはラブホの有料オプションのなかでも、イチニを争う人気商品なのですが、チャイムを鳴らして出てきたのは、金髪ブロンドの外国人女性でした。

日本人のようにどこかコソコソしている様子は微塵もなく、堂々とお出迎えしてくれるところは、文化の違いやラブホというコンテンツに対する捉え方が違うのカモですね。

ただ、欧米規格の体格の持ち主なので、ジャパンサイズの衣装に、おそでを通せたのか?どうかまでは、ちょっと…といった感じでした。

ラブホのポコマンさん
ラブホのポコマンさん

フロントのおばちゃんもムリなんじゃないの?って心配してたな。

日本の服は小さいですからね。

フロントうさぎ
フロントうさぎ

まとめ

確かにあった。

ラブホにはオアシスが。

スポンサーリンク

ABOUT US
ラブホのポコマンさん
都内某所ではたらくラブホ清掃の中の人。朝番、夜番と異なる時間帯でのアルバイトを経験。はじめてのホテルでは2日でクビになるという苦い経験を味わうものの、2つめのラブホではレギュラー格として稼働する事に成功。ラブホバイトに興味がある人に裏情報を発信しています。趣味はゲーム、サッカー、読書。好きな食べ物はすあまです。